アプリケーション  

電気自動車のバッテリーパック用

冷却及び加熱システム

 

電気自動車の発展のボトルネックは高効率のバッテリーとモーターの改善と言われています。また、それぞれの電子部品の熱対策も非常に重要です。

アルミベーパーチャンバーヒートシンクは、以下の電子部品に熱対策として、非常に最適です。

電気自動車放熱対策
電気自動車放熱対策

車内で:
● ハイパワーLEDヘッドランプ
● インバータ、コンバータ、IGBTモジュール 
● パワージャンクションボックス、
      パワーバッテリーパック
● PCU(パワーコントロールユニット) 
● … その他 

急速充電スタンドで: 
● インバーターのIGBTモジュール

EVバッテリーパックの温度制御システム(特許取得)

用途:

ペルチェモジュールとアルミ製ベーパーチャンバーの組み合わせで、直接にEVバッテリーパックを温度制御システムです。


冷却:

ペルチェモジュールをオンにすると、冷却温度をベーパーチャンバーの経由で転送し、直接にバッテリーセル

を冷却します。

 

加熱:

ペルチェモジュールの電流を変えると、加熱効果に変更、ベーパーチャンバーの経由で転送し、直接にバッテリーセルを加熱します。

Battery_Pack_J.png

特徴:

  • モジュール式でメンテナンスが容易

  • 冷却、加熱を両方効果を持っつ、一体式システムで、高いコスパ

  • 温度分布均一性が高い

  • 精密な温度制御(+/-2℃以内)*

EVリチウムイオンバッテリー放熱ベーパーチャンバー

特徴:

  • 大型なアルミ製ベーパーチャンバー

  • 長さ方向の温度差:8℃

 

用途:
電気自動車バッテリーパックの幅方向に合わせ、世界最初約1m長さアルミ製ベーパーチャンバーを直接にリチウムイオンバッテリーに載せ、ホットスポットを防止の為、放熱ベーパーチャンバーとして使用。

 

IMG-1519.jpg

品番:J0020201006-01
寸法 :1199 mm (L) x 182mm (W) x 10mm (T)
重量:2.3kg

半導体装置、通信デバイス、ICチップ

 
IGBT放熱
通信デバイス放熱

ヒートパイプ式ヒートシンクの放熱方式は、現在、半導体装置やICチップに一般的に用いた放熱ソリューションです。

しかし、ハイパワー出力の場合、ヒートパイプ式ヒートシンクでは、ヒートパイプの流路面積が限られており、効率が上がりません。

アルミベーパーチャンバーヒートシンクの場合、熱源に直接接触域が広く、アルミベーパーチャンバーヒートシンク内のガス冷媒が即座に反応し、迅速に熱伝導効果が得られます。

アルミベーパーチャンバーヒートシンクは、高い放熱効率、小型、軽量で、更に形状柔軟性を持つ、新たなサーマルソリューションです。

通信機器用ロウ付け熱交換器

通信機器.jpg
通信機械.jpg

仕様:

品番:J0030106002-01

寸法 : 489.2mm (W) x 415.1mm (L) x 71mm (H)

重さ : 3,890 g

特徴:

  • 既存型のアルミ板とフィンの組み合わせで、一体式ロウ付けで製造

  • 大型ロウ付け製造実績
     

アルミ製水冷ヒートシンク

品番:J0060108003-01

重さ : 2,150 g

用途:データセンター

特徴:

  • 既存型のアルミ素材使用で、一体式ロウ付け工程の生産

  • 内部流路設計の柔軟性が高い。熱源箇所にスカイブフィン、ピンフィンなどを内部構造にの応用が可能

  • 銅パイプとアルミ板の従来品と比較すると、約45%体積が減少、約60%の軽量化が実現

高電圧送電トンネル温度制御システム(特許取得)

 

現在、世界中で高圧送電ケーブルは地下化の傾向になっています。

 

送電ケーブルは送電する際、大量の銅損熱が発生し、地下トンネル内高温の環境になると、送電効率が落ちます。

 

現在、トンネル内環境温度を冷却方法としては、よく水冷チラー式が主に使用されています。

高電圧送電トンネル温度制御システム

水冷チラーシステムの欠点は:

  • 水漏れのリスク

  • 高額設置およびメンテナンス費用

  • チラーとコンプレッサーの設置は大きいスペースが必要

  • システムの構成は、使用部品が多い

TVCのメリット:

TVCは空冷システムで 、水漏れのリスクがなく、より安全な冷却システムです。

 

使用部品が少なく、設置スペースの柔軟性がある一方、設置コスト及びメンテナンスコストが水冷

チーラ式システムより低価格です。

Thermoelectric Vapor Chamber System
TVC Application picture JP.png

ハイパワーLED照明

 
ハイパワーLED放熱対策
ハイパワーLED放熱対策

LED照明は、次世代型の省エネ照明ですが、LEDは他のIC製品と同様、様々な放熱問題があります。 よいサーマルマネージメントでより高い照明効率を得られます。

 

アルミベーパーチャンバーヒートシンクでは、冷媒の使用で、高い効率放熱性のヒートシンクです。また、軽量化とコンパクト化のメリットがあり、LED照明のより高い放熱対策に応じます。

仕様:
品番:J0020106002-01
寸法: D 182 x H 190 mm
重さ: 2860 g
対応LED: 200 watt

特徴:

 

  • 押出し式で、ベーパーチャンバー本体とフィンは一体式し、ロウ付け加工で製造

  • ベーパーチャンバーの効果で、小型、軽量化に達成。従来品の押出しヒートシンクと比較すると、体積は約50%減少、重量は約65%軽量

*お問い合わせはこちらにクリックしてください。

200W CoB ハーパワー LED
ALVCHS LED.png
ALVCHS.png

​ハイパワーIGBTインバーター

 

ハイパワーIGBTモジュールの一般的な放熱対策は、大きな押し出しヒートシンクを使用するか、または水冷式を使用します。

これらの熱対策の欠点:

押し出しヒートシンクには、低い効率熱交換と重さという2つの大きな欠点があります。水冷式の場合、水漏れリスク、またはポンプなど付属品の使用で、高いコストの欠点があります。

ハイパワーIGBT放熱対策

アルミベーパーチャンバーのソリューションは、水漏れリスクがなく、高い効率の放熱性、軽量化、コンパクト化で様々なメリットが得られます。

ハイパワーIGBT放熱対策

産業用IGBT ALVCヒートシンク

仕様:

品番:J0020103009-02

寸法: 165 (W) x 135 (L) x 78 (H) mm

重さ: 985 g

対応IGBT パワー: 500 watt

特徴:

  • U字のベーパーチャンバーはアルミベーズとロウ付けで一体式になります。

  • 外部のフィンとU字のベーパーチャンバーもロウ付けで連結しています。

  • 小型化、軽量化で、同じ放熱効果で、一般的押出しヒートシンクと比較すると、体積は約50%減少し、重量は約60%軽量になります。

IGBT2.jpg
IGBT diagram 2.png
 
医療機器

医療のアプリケーションは、他の産業と比べると複雑な熱問題を抱えています。

 

弊社は、医療分野のサーマルソリューションのカスタマイズニーズに応じ、厳しい温度管理の使用環境に様々な提案に対応しています。

 

*お問い合わせはこちらにクリックしてください。

医療機器放熱対策
​航空宇宙産業
 
航空宇宙産業放熱対策

航空宇宙、防衛分野の技術の進歩に伴い、機械の複雑さで、熱問題に良い、革新的な熱対策が一層重要になります。 

弊社では様々な熱対策提案が可能です。

航空宇宙産業のアプリケーションは、他の産業と比べると複雑な熱問題を抱えています。

 

弊社は、航空宇宙産業分野のサーマルソリューションのカスタマイズニーズに応じ、厳しい温度管理の使用環境に様々な提案に対応しています。

 

*お問い合わせはこちらにクリックしてください。