会社情報   

15年以上にわたる自動車のヒートエクスチェンジャーの製造経験に基づき、リーディング・エイジ・アソシエイツ(L.E.A.)は、どんなフィールドにおいても最善のサーマルソリューションを提供します。

また、研究開発だけでなく、どのようなニーズのヒートエクスチェンジャーの量産にも、十分にお応えします。

現在のヒートエクスチェンジャーの設計では、銅製ヒートパイプが広く使われています。 更に進んだ設計では、より高い放熱効果を達成するため、銅製ベイパチェンバーの採用も加わりました。 しかし、コストや環境への配慮の面では、憂慮するとろこもありました。

最新のベイパーチャンバーヒートシンクはアルミニウム製です。 高い熱換性、100%のリサイクル性、外観設計の柔軟性、低コスト等の特長を備え、エンジニアの皆さまに広い設計の方向性を提供します。革新的で競争力を備えたアルミベイパーチャンバーヒートシンクは、サーマルアプリケーションデザインの次世代を担っているのです。

会社概要

info jpn.JPG
location jpn.JPG

沿革

history jpn.JPG
 

​経営理念

Mission

未来に新しい価値の創造で、社会に貢献する仕事を通じて

日台の懸け橋となって、世界中に活躍する

Vision

大胆な発想で、魅力的な商品で、お客様の満足を提供する

お互い協力で、変化を先取り、世界の市場で活躍する

自己を磨き、日々成長し、元気な企業をつくる

 

代表の挨拶

LEA_CEO_ERIC
代表取締役
​黄 國書 (Eric HUANG)

社会は急速に進歩しています。様々な機器やシステムの使用は以前に比べ、格段に増加しています。そのことが、地球温暖化やエネルギー消耗などの環境問題を引き起こしています。我々の生活にも影響があることは誰もが感じているところです。

 

弊社は熱とエネルギーに関する課題を解決するため、冷却・加熱、熱交換等の技術を研究し、製品の開発と製造に尽力しております。15年にわたる自動車熱交換器の製造実績に基づいて、アルミ製ベーパーチャンバーの革新的技術を応用し、高性能でかつ小型・軽量の製品開発に成功いたしました。

さらには、ベーパーチャンバーの技術とペルチェモジュールの技術を組み合わせ、電気自動車用のTVCバッテリーパック温度制御システムも製品化しております。これにより、電気自動車のバッテリーパックの冷却及び加熱の分野でお客様に最善なソリューションをご提案することが可能になりました。

 

弊社の方針は、お客様の切実なニーズに最先端の技術でお応えし、そのためのカスタマイズを全力で行うことにあります。

 

我々の理念はイノベーティブな情熱と革新的な技術の結合です。新しい価値を創造して、社会に貢献するとともに、皆様のネットワークを構築する企業でありたいと考えております。その日々の積み重ねが、ひいては日台の懸け橋となると信じております。